底が見えない世界同時株安 真犯人は“トランプ弾劾”リスク

公開日: 更新日:

 世界同時株安の底値が見えない。26日は日経平均が続落し、直近高値の2万4448円(2日)から、一時は3500円近く下落した。NYダウは1カ月弱で2400ドル以上も暴落している。

「最初の大きな下げは、終値ベースで830ドル超の下落を記録した10日のNY市場でした。史上3番目の下げ幅です。急落を誘発したのは、米金利の上昇といわれましたが、これは当たっていないでしょう。というのは、その後、金利が下がったのにNYダウは下げ止まらなかったからです。暴落の本当の理由は別にあると考えるべきです」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 米金利上昇やトランプ米大統領が仕掛けた貿易戦争は、確かに株価低迷の“要因のひとつ”に違いない。

「ここへきて悪材料が重なったのも事実です。9日にIMF(国際通貨基金)が世界経済見通しを下方修正し、12日には米CNNがサウジ人記者死亡のニュースを流しました。18日は上海株(中国)が年初来安値を更新し、3年11カ月ぶりの低水準に落ち込んでいます」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る