イバンカを新国連大使に…トランプ起用断念も未練タラタラ

公開日:

 今年いっぱいで辞任を表明している米国のヘイリー国連大使の後任問題。トランプ大統領は12日、ツイッターに「とても素晴らしい、みんながイバンカ・トランプに新国連大使になって欲しいと思ってる。彼女は信じられないほど素晴らしい大使になるだろうが、早くも縁故主義だ! という叫びが聞こえる」と書き込んだ。

 トランプは9日、縁故主義と非難される可能性を理由にイバンカ起用を断念するツイートを投稿していたが、未練タラタラのようだ。

 後任問題では最有力候補だったディナ・パウエル元大統領副補佐官が辞退。代わってグレネル駐ドイツ大使の名前が挙がっている。グレネルはブッシュ(子)政権で国連代表部報道官を務めた。

 一方、12日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは、政府当局者の話として、セッションズ司法長官が年内に辞任するとの前提で、トランプが後任候補を5人に絞って検討していると報じた。

 セッションズの辞任観測は司法省内でもささやかれており、本人も周囲に「大統領からツイッターで辞任を求められるかも」と語ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る