イバンカを新国連大使に…トランプ起用断念も未練タラタラ

公開日: 更新日:

 今年いっぱいで辞任を表明している米国のヘイリー国連大使の後任問題。トランプ大統領は12日、ツイッターに「とても素晴らしい、みんながイバンカ・トランプに新国連大使になって欲しいと思ってる。彼女は信じられないほど素晴らしい大使になるだろうが、早くも縁故主義だ! という叫びが聞こえる」と書き込んだ。

 トランプは9日、縁故主義と非難される可能性を理由にイバンカ起用を断念するツイートを投稿していたが、未練タラタラのようだ。

 後任問題では最有力候補だったディナ・パウエル元大統領副補佐官が辞退。代わってグレネル駐ドイツ大使の名前が挙がっている。グレネルはブッシュ(子)政権で国連代表部報道官を務めた。

 一方、12日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは、政府当局者の話として、セッションズ司法長官が年内に辞任するとの前提で、トランプが後任候補を5人に絞って検討していると報じた。

 セッションズの辞任観測は司法省内でもささやかれており、本人も周囲に「大統領からツイッターで辞任を求められるかも」と語ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る