米中間選挙は大盛り上がり 投票率上昇に企業キャンペーン

公開日: 更新日:

 今回の米中間選挙は投票率の高さが特徴だ。期日前投票も大盛り上がりで、データ企業のカタリストの調査では、5日午前(現地時間)時点で3100万人となり、2014年中間選挙の2050万人を大きく上回っていた。トランプVSオバマなど話題に事欠かなかったこともあるが、投票率アップに企業がひと役買ったことも要因のようだ。

 配車サービスの「ウーバー」は投票所へ向かうための乗車をすべて10ドル引き。他の交通サービス会社でも自転車やスクーターの無料レンタルや割引を実施した。インディアナポリスやロサンゼルスなどの都市では投票日(6日)は、公共交通機関を終日無料で利用可能という破格の対応だった。

 交通面だけではない。「ドロップボックス」などの米IT企業では従業員に“投票休日”を与えるなど、企業の手厚いサポートがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る