中国とロシア情報員 米トランプ大統領の携帯電話を盗聴か

公開日: 更新日:

 中国とロシアの情報員がしばしばトランプ米大統領の私用の携帯電話を盗聴しているという。

 米紙ニューヨーク・タイムズが24日、米情報機関の報告書の内容として報じた。

 トランプは、盗聴対策が施されたホワイトハウス執務室の固定電話を使うように求める側近らの忠告を無視し、私用のiPhoneで頻繁に親しい友人らと会話を続けているという。中国は盗聴した会話の内容を分析したうえで、トランプが頻繁に会話する人物のリストを作成。こうした人物に対するロビー活動などを通じて、貿易や安全保障で対立する米中関係のこれ以上の悪化を防ごうとしているという。

 トランプは2016年の大統領選挙で、民主党のクリントン候補が国務長官在任中に私用メールアドレスを使用していたとして情報管理体制の不備を厳しく追及しただけに、強烈なブーメランが返ってくるのは確実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る