仏当局がグーグルに制裁金62億円 個人データ保護規則違反

公開日: 更新日:

 フランス当局は21日、個人のデータに関するEUの新規則に違反したとして、米IT大手企業グーグルに制裁金5000万ユーロ(約62億円)を科すと発表した。

 EUは昨年5月、企業などが域内で個人データを集める際に使用目的などについて個人に通知し、同意を得ることを求める、「一般データ保護規則(GDPR)」を施行。個人データの保護を管轄するフランスの情報保護当局「情報処理と自由に関する国会委員会(CNIL)」は、グーグルが広告に利用するために収集した個人情報の保管期間や利用目的などの情報を利用者にわかりやすく提供していないと指摘。

 また利用者がいったん、個人情報提供に同意すると、グーグルの検索サイトだけでなく他のアプリでもそのデータが広告に利用されていることを利用者に十分に伝えておらず、深刻な規則違反にあたるとしている。

 今回の制裁金はGDPR施行後、欧州で最高の制裁金額だという。

 発表を受けグーグルは「判断を精査し、対応を決める」とコメント。フランス国務院に異議申し立てをするかどうかを検討する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る