池江選手に冷酷な言葉 桜田大臣「ガッカリ」は安倍政権の象徴

公開日: 更新日:

 なぜ即刻、辞任せず、安倍首相も更迭しないのか――。桜田義孝オリンピック担当相に批判が殺到している。池江璃花子選手の白血病公表に対して、体調を気遣う前に東京五輪への影響を心配し、「本当にガッカリしている」「盛り上がりが若干、下火にならないか心配だ」と、冷たく言い放ったのだから当然である。突然の宣告にも前を向き、懸命に病魔と闘っている18歳の女性にかける言葉じゃないだろう。

 この男は一体、どういう神経をしているのか。池江の祖母が、「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きして」「オリンピックなんてもう出なくていい。生きていてくれさえすれば」とコメントしているのに、よくも「盛り上がりが下火にならないか心配」などと冷酷な言葉を口にできたものだ。

 さすがに、野党も「本当に心ない発言だ。罷免に値する」と、きのう(13日)の国会で更迭を要求している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る