韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

公開日: 更新日:

 韓国空軍基地で発生したミサイル誤射事故が波紋を広げている。コトが起きたのは18日。北東部の春川の空軍部隊が地対空ミサイル「天弓」を整備中、1発が誤射され、空中で爆発した。開発費8000億ウオン(現在のレートで約790億円)を投じ、2015年から実戦配備されている“韓国版パトリオット”だ。

 04年から弾道ミサイル防衛(BMD)システムに血道を上げる日本も他人事ではない。専守防衛をうたう自衛隊にも弾道ミサイルがたんまり配備されているからだ。空自に地上配備型迎撃ミサイルのPAC3、海自にSM3を載せたイージス艦。陸自では2基6000億円超ともいわれるイージス・アショアの配備計画が進められ、候補地の秋田や山口の反発はガン無視されている。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は言う。

「天弓はロシアの9M96系ミサイルをベースに製造されたもの。誤射の原因が整備ミスなのか、システムエラーによるものなのかは判然としませんが、整備中にコードが接触し、電気系統を通じて誤った指示が送られる可能性はある。日本でも59年に誤射事故が起きています。米国施政下の沖縄で、核弾頭を搭載した地対空ミサイルの誤射が発生し、米兵1人が死亡しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る