改元に沸く渋谷駅前 大画面一斉ブラックアウトに拍子抜け

公開日: 更新日:

「8、7、6、5……あ、あれぇ」

 ハロウィーンなどイベントのたびに大騒動となる東京・渋谷のスクランブル交差点前。予想通り、平成最後の4月30日も元号が「令和」に変わる瞬間を祝おうと大勢の若者が押しかけた。5分前から「令和」コールが巻き起こるなど大盛り上がりだったが、カウントダウンの途中に駅前に4つある巨大スクリーンが一斉にブラックアウト。皆、小雨が降りしきる中、スクリーンに「令和」の2文字が映し出されるのを待ったが、拍子抜けだった。

 午後11時半ごろから駅周辺を交通整理する警官らはしきりに「きょうはカウントダウンイベントなどはありません!」「ここで待っていても意味はありません!」と拡声器で叫んでいた。大混乱を避けるため、スクリーン表示をしないと決めていた可能性がある。

 それでも、若者たちは「イベントは自分たちでつくるもんだ!」と、スマホ片手に「あと○秒だ!」などとお手製のカウントダウンで“対抗”していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る