地下浪人から三菱創業者に…岩崎弥太郎が追求した夢と挫折

公開日: 更新日:

 三菱を創業した岩崎弥太郎は土佐藩の生まれ。武士の身分を売り渡した地下浪人と呼ばれる家柄で、長男の弥太郎は21歳のとき江戸に出て有名な学者・安積艮斎の門下生に。ところが父が村のいざこざで負傷したので帰郷。奉行所に訴えたが黙殺されたため腹を立て、役人を非難する落書きをして牢獄へぶち込まれた。

 出獄後の弥太郎は村から追放され、蟄居中の重臣・吉田東洋の門下に入った。東洋が藩政に復帰すると、弥太郎は下級役人に抜擢。慶応3(1867)年、長崎の開成館貨殖局出張所(土佐商会)の主任者となり、坂本龍馬を知る。2人は酒を飲みながら夢を語り合ったようだ。

 戊辰戦争後、土佐藩は民間の海運業社を装った「九十九商会」を大阪につくり、弥太郎はその責任者として利益をあげた。その後、九十九商会は藩から独立して弥太郎が社長となり、社名を三川、さらに三菱と改称した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る