あの老舗が閉店…永田町“料亭政治”の末路は「お茶と菓子」

公開日: 更新日:

 今年3月末に赤坂の老舗料亭「金龍」が閉店した。1928(昭和3)年のオープンで、YKKの3人(山崎拓元副総裁、小泉純一郎元首相、加藤紘一元幹事長)が会合を重ねたことでも知られる料亭政治の舞台。最盛期は複数の派閥が同じ日に違う部屋で会合することもあったが……。

「赤坂に60軒あった料亭も残っているのは3軒だけです。もともと非自民の連立政権誕生の際に細川首相(当時)が料亭政治の廃止を宣言。自らホテルを利用するようになってから閑古鳥が鳴くようになったのです。その後は派閥が力を失い、地元への露骨な利益誘導もできなくなったことで、密談する機会が激減。酒を飲みながら利害を調整する必要性が薄れていったのです。今では政治資金パーティーでも開かない限り、ホテルですら使うことがありません」(政治評論家・有馬晴海氏)

 袖の下を受け取る場所も様変わりだ。労働相や経産相をやった甘利明氏の秘書は、議員会館でカネをもらっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る