「戦争で」暴言の丸山議員に国費2000万円ちょろまかし疑惑

公開日: 更新日:

「言われたまま黙り込むことはしない。可決されようがされまいが任期を全うする」――。議員辞職勧告決議案の提出の動きに、ツイッターでこのケンカ腰だ。

 酒に酔った上で言語道断の「戦争で北方4島を取り戻す」趣旨の大暴言で、所属先の日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(35)。本人はまったく懲りていないようだ。

 与野党に辞職勧告決議を呼びかける古巣の維新に対し、「憲政史上例を見ない、言論府が自らの首を絞める辞職勧告決議案かと」「こちらも相応の反論や弁明を行います」と反撃ツイートを連発。「言論の自由」をタテに取り、あくまで徹底抗戦の構えである。

 ここまで勇ましい発言を飛ばせるのなら、本紙がつかんだ「政治とカネ」の問題にもキッパリ答えて欲しい。ズバリ、丸山議員には「国費ちょろまかし」の疑いがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  9. 9

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  10. 10

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

もっと見る