日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

公開日: 更新日:

 安倍首相が唐突に打ち出した「日朝首脳会談の無条件実施」を巡る波紋は大きくなる一方だ。17日の衆院拉致問題特別委員会では菅官房長官が「対話のための対話であってはならない。政府として明快だ」と答弁。拉致問題や核開発などを巡り、一定の成果を目指す方針に変わりはないと主張した。折しも官邸周辺からは「9月訪朝」「複数帰国」という情報が流れ始めているという。

「日朝首脳会談を巡っては、GW前に7月7日に実施という日程が永田町で流れていました。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長とのサプライズ会談で支持率を上げ、一気にダブル選になだれ込むシナリオです。2度目の小泉訪朝以来15年ぶり、安倍―金正恩としては初めてとなる日朝会談は両トップの顔合わせ。秋口にも2回目の会談を実施し、拉致問題について協議するという筋書きでした。それがここにきて、官邸周辺から〈安倍首相が9月に訪朝し、2~3人の拉致被害者が帰国する〉という情報が流れ始めています」(官邸事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る