北朝鮮は貨物船押収に激怒 金正恩がたくらむ“次の一手”

公開日: 更新日:

 北朝鮮がアメリカに対する“瀬戸際外交”を激化させている。“物別れ”に終わった2回目の米朝会談後、今月に入ってミサイルをぶっ放すなど、挑発行為をエスカレート。トランプ米大統領は北のミサイル発射について「信頼を裏切る行為ではない」と静観しているが、金正恩委員長の次の一手次第では“米朝危機”が再燃する可能性がある。

 国連安保理の制裁決議に違反した北朝鮮の貨物船を米当局が9日に差し押さえたことについて、北朝鮮外務省は14日「強奪だ」と非難。1回目の米朝会談で発表した共同声明の基本的精神を「全面否定するものだ」と断じ、「『最大限の圧力』でわれわれを屈服させようとする米国式の計算法の延長だ」と主張した。

 北は貨物船を奪われたことに怒り心頭だ。この先、ますます米朝対話が停滞する可能性は高い。

■米朝危機再燃リスク

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る