貴乃花「道場」設立会見で 政界進出“思わせぶり”の空虚さ

公開日: 更新日:

 政界進出をウワサされる元横綱の貴乃花光司氏(46)が19日、帝国ホテルで会見し、相撲の普及を目指す一般社団法人「貴乃花道場」の設立を発表。会見前に貴乃花部屋時代の後援会関係者を招いた「貴乃花御縁会」と題するパーティー(会費1万円)をホテル内で開き、500人が詰め掛けた。

 貴乃花は会見で、「世界各地へできるだけ足を運んで日本の伝統文化を伝えたい」と道場設立の抱負を語ったが、質疑応答では政界入りに関する質問が続出。今夏の参院選に水を向けられると、「(選挙に)出ることはない」と出馬のウワサを一笑に付した。

 しかし、貴乃花の政界進出がまことしやかに語られるのも当然である。自民党遠藤利明元五輪相や小渕優子元経産相ら国会議員が、「御縁会」の発起人に名を連ねていたからだ。

 貴乃花は終始、よどみなく質問に答えていたが、発起人に政治家が並んでいることについては「多方面でご指導たまわりたい」と、お茶を濁した。すると、貴乃花の横に座っていた「道場」の松浦晃一郎理事長がすかさずフォローに回り、貴乃花が「御縁会」の出席者に宛てた手紙の一部を紹介。「報道等でささやかれている政治への進出など滅相もなく、考え知るところではございません」と読み上げた。まるで「騒いでいるマスコミが悪い」と言わんばかりだが、貴乃花の“思わせぶり”は度し難い。相撲ファンの吉川潮氏(作家)がこう憤る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る