本人は意気込むが…貴乃花は「相撲教室」で生活できるのか

公開日:

 貴乃花は引退直後から「子供たちに相撲を教えたい」と話している。27日に生出演した情報番組「スッキリ」(日本テレビ系列)でも、「全国を回って、(相撲の)触れ合い道場のようなことをしたい」と、今後の希望を語っていた。

 だが、それで食っていくことはできるのか。相撲協会を9月に退職した貴乃花は、いわゆる無職。まだ学生の娘2人の学費もバカにはならないし、住居としている都内の旧貴乃花部屋の家賃は月50万円とも60万円ともいわれている。いくら相撲協会から退職金と功労金、合わせて約4000万円の大金をもらうとはいえ、定期的な収入は不可欠だ。

 政界進出は本人が否定。芸能活動にも乗り気ではなく、そもそも現場からは「口下手なので使い物になるかどうか」と、疑問の声が上がっている。となれば、それこそ「相撲教室」を仕事にするしかないのではないか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る