伊藤惇夫
著者のコラム一覧
伊藤惇夫政治アナリスト

1948年、神奈川県生まれ。学習院大学卒業後、自民党本部事務局に勤務後、新進党、太陽党、民政党、民主党の事務局長などを歴任。「新党請負人」と呼ばれる。執筆、テレビ・コメンテーターなど幅広い分野で活躍中。

「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

公開日: 更新日:

 ダブル選挙は消えたのか消えてないのか、まだ微妙だが、どうしてもまぬがれたいのが「魔の4回生」の誕生だ。政治家の質の低下、劣化は誰もが指摘するところだが、その象徴ともいえるのが、いわゆる「チルドレン」といえる。

 かつての自民党は「官僚派」と「党人派」が2大勢力だった。今はどうか? 「世襲派」と「公募派」がそれにとって代わり、ほんの少しの「たたき上げ」が存在というのが実態である。なかでも、平成の半ばすぎから与野党とも急速に「勢力」を拡大したのが公募派だ。総選挙を前にして、空白区や比例区の候補者を埋めるため、活用しだしたのが候補者公募システム。中には優秀な人材もいるだろう。

 だが、多くは政治経験、知識もなく、学歴、職歴は高くてもたいした人生経験もないのに「国会議員になりたい」というだけで応募してくる。それが「何かの間違い」で議員バッジを着けてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る