伊藤惇夫
著者のコラム一覧
伊藤惇夫政治アナリスト

1948年、神奈川県生まれ。学習院大学卒業後、自民党本部事務局に勤務後、新進党、太陽党、民政党、民主党の事務局長などを歴任。「新党請負人」と呼ばれる。執筆、テレビ・コメンテーターなど幅広い分野で活躍中。

「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

公開日: 更新日:

 ダブル選挙は消えたのか消えてないのか、まだ微妙だが、どうしてもまぬがれたいのが「魔の4回生」の誕生だ。政治家の質の低下、劣化は誰もが指摘するところだが、その象徴ともいえるのが、いわゆる「チルドレン」といえる。

 かつての自民党は「官僚派」と「党人派」が2大勢力だった。今はどうか? 「世襲派」と「公募派」がそれにとって代わり、ほんの少しの「たたき上げ」が存在というのが実態である。なかでも、平成の半ばすぎから与野党とも急速に「勢力」を拡大したのが公募派だ。総選挙を前にして、空白区や比例区の候補者を埋めるため、活用しだしたのが候補者公募システム。中には優秀な人材もいるだろう。

 だが、多くは政治経験、知識もなく、学歴、職歴は高くてもたいした人生経験もないのに「国会議員になりたい」というだけで応募してくる。それが「何かの間違い」で議員バッジを着けてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る