山口でも標高ミス 防衛省「グーグルアース」転嫁の無責任

公開日: 更新日:

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の陸上自衛隊むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)への配備を巡り、防衛省が作った報告書に記載された高台の標高に2メートルの誤りがあったことが19日に発覚。防衛省はもう一つの候補地である陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)も含め、測量調査を全面的にやり直す方針を固めた。

 防衛省は山口県でのミスについて「グーグルアースを使ったから。誤りではない」と説明。さもグーグルアースが悪いような言い訳だ。だが、そもそも国民の安全に関わる国防の重大案件で、実際に測量する労を惜しんで“パソコン上のカラ調査”で済まそうとした姿勢こそが問題だ。それが分からないのでは、防衛省全体が秋田での住民説明会で居眠りした同省職員と同じ無責任体質と言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る