隊員の命より…F35A飛行再開は日米防衛相会談の“手土産”

公開日: 更新日:

 空自三沢基地(青森県)の最新鋭戦闘機F35Aが墜落してまもなく2カ月。これまでにエンジンや主翼の一部は発見されたが、パイロットや飛行データを記録するメモリーは見つかっていない。事故原因は依然、闇の中だが、防衛省は3日、現場海域での捜索を終了。機体ではなくパイロットのせいにして、飛行再開に踏み切るつもりだ。自衛隊員は墜落するかも知れないポンコツ機を強制操縦させられることになる。

  ◇  ◇  ◇

 4日朝の会見で岩屋毅防衛相は事故原因を「遠からず絞り込みができる」「安全が確保できると判断できれば、飛行再開をしたい」と言ってのけた。すると、メディアは〈機体の不具合を示す分析は出ていないという〉〈パイロットが機体の上下の姿勢を錯覚する「空間識失調」に陥ったことが事故原因の可能性がある〉と報じた。どうやら、機体ではなく、パイロット由来の事故に持っていく方向のようだ。そもそも、肝心のパイロットやメモリーが見つかっていないのに、原因を特定するのはおかしいが、“パイロット原因説”が浮上するのはワケがある。この問題を取材するジャーナリストの田中稔氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る