たかられる日本 トランプ放言「普天間1兆円返還」のルーツ

公開日: 更新日:

「普天間の地権は今も日本にある。米国が基地返還の際に原状回復義務を免れているように、日本から米国に返還に伴う対価を支払う義務などありません。米政府関係者の話を基に、かつて防衛省幹部に『1兆円で普天間を返還するという話があると聞いた』と水を向けたことがあります。その幹部とのやりとりで、基地返還を金で解決する交渉があったのだろうと思いました。公式にその話は認められていませんが、トランプ氏が1兆円に言及した根拠かもしれません」

 もしかすると、トランプ大統領は何でもカネで片付けようとする日本政府の卑屈な「普天間1兆円返還」交渉を小耳に挟んだのかもしれないのだ。

「トランプ氏の外交は、米国にとって『儲かるか、儲からないか』です。要するに、基地移設に伴う逸失利益を日本側に要求している。これに抗議せずして、果たして日本は主権国家と言えるでしょうか。もし仮に補償義務のない1兆円を米国に払ったところで、普天間の土地が確実に返ってくる保証はありません」(前泊博盛氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  5. 5

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  8. 8

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

  9. 9

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  10. 10

    政治を私物化した安倍首相殿「もうバイバイ」でどうですか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る