市側が一方的に虐待と決めつけ…家族の同意なしに施設送り

公開日: 更新日:

 山本静江さん(79=仮名)は、内科医に重度の認知症と誤診された。そして無理やり後見人をつけられ、施設に放り込まれる屈辱を受けた。

 後見の申し立ては本人と4親等内の親族の他、市区町村長も行える。静江さんに後見人をつける申し立てを行ったのは、三重県桑名市の伊藤徳宇市長。後見人をつける審判を下したのは、津家裁の後藤眞知子裁判官だ。

 この審判を不服として、静江さんの長女が名古屋高裁に特別抗告を起こしたところ、17年1月、藤山雅行裁判長は静江さんに判断能力があることを認め、「手続きに違法がある」として津家裁の審判を取り消した。

 同年11月、静江さんと2人の娘は桑名市と国を提訴。静江さんは18年1月、陳述書で怒りをぶちまけた。

「私は今回の全ての起こった事に非常に怒っています」「まるで面倒なゴミの扱い」「1人の人間として扱わない」「長生きなどするものではないと正直思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る