自民「冊子」に酷似 野党新人“中傷ビラ”激戦区乱舞の異様

公開日: 更新日:

 今回の参院選は、特に1人区で中傷ビラが乱舞している。ターゲットは野党統一の新人候補。たとえば福島選挙区では、野党統一の新人候補の水野さちこを誹謗するビラがバラまかれた。

「『政策なし!実績なし!』『実績のない人に一日も早い福島県の復興はまかせられません!』と記されていました。ご丁寧にも候補本人のイラスト入りで『天才バカボン』のようにホッペに渦巻き。髪は乱れ、ベロを出すなど、いかにもマヌケ顔。悪意に満ちています」(水野陣営関係者)

 大分選挙区でも連合推薦の新人候補、安達澄の経験不足をコキおろすビラが県内全域に投げ込まれた。こちらも候補をおちょくるイラスト入り。ボロボロのヨロイ姿の安達が描かれていた。

 いずれも差出人は不明だが、福島と大分は共に自民党本部が「激戦区」に指定。大量のビラの印刷費だってバカにならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る