五輪「あと1年」も…新国立建設現場では過剰な“情報統制”

公開日: 更新日:

 来年7月24日に開幕する東京五輪。24日のワイドショーや朝刊各紙は「あと1年」と題して、11月に完成予定のメインスタジアム「新国立競技場」の現在の様子などをこぞって報じたものの、建設現場の苦労についてはスルーだった。

 大会組織委の森喜朗会長は24日の「1年前イベント」で、五輪の準備状況について「(IOCの)バッハ会長から『準備の早さ自体がオリンピック新記録だ』との評価をいただいた」とニンマリだったが、正気なのか。「準備が早い」のは日々仕事に励む作業員のおかげなのに、新国立競技場の建設現場の作業員は厳しい“情報統制”にさらされているのだ。

 日刊ゲンダイ記者は今月3日の新国立競技場のメディア向け見学ツアーで、作業所内に<作業所におけるスマートフォン、SNS等の取扱注意事項>との張り紙が掲示されているのを確認。<許可なく、場内で写真撮影をしないこと><作業所で見聞きしたこと、お客様や工事に関することをインターネットに書き込んだり、誰かに伝えたりしないこと><この2つのルールを絶対に守って下さい!>と念押しされていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る