東京五輪「会場で見たい」大幅減 渋滞悪化やテロを不安視

公開日: 更新日:

 開幕まで1年に迫った東京五輪・パラリンピックについて、時事通信社が世論調査を行ったところ、競技などを会場で見たい人は、「ぜひ見たい」(10.4%)と「できれば見たい」(26.7%)を合わせて37.1%にとどまり、昨年7月の同じ調査から8.5ポイント低下した。

 一方、「それほど見たいと思わない」は38.4%、「全く見たいと思わない」は24.0%で、6割以上が「見たいと思わない」と回答した。

 会場で見たいと思わない理由を聞いたところ、最多は「テレビなどで見れば十分」の71.2%。以下「会場が遠くて行くのが大変」が40.0%。

 開催に向けた不安では「渋滞などで交通が不便になる」が40.2%、「開催費が膨らみ、税金で穴埋めされるのではないか」が39.1%、「日本が犯罪やテロの標的になるのではないか」が38.7%と続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る