トランプ側近が利下げ要求 「1ドル94円」円高地獄の現実味

公開日: 更新日:

 年内、1ドル=94円も――。トランプ大統領の側近、ナバロ大統領補佐官は6日、米国と他国の「過度の金利差」をヤリ玉に挙げ、「FRBは年内に少なくとも0.75%か1.0%の利下げをしなければならない」と語った。

 米国の中央銀行に当たるFRB(米連邦準備制度理事会)は、7月末のFOMC(連邦公開市場委員会)で、10年7カ月ぶりに0.25%の利下げに踏み切ったばかりだが、ナバロ氏は、年内に3~4回の利下げを求めた格好だ。

 もし、米国が年内に1%も利下げしたら、日本経済にどんな衝撃を与えるのか。

「為替はいろいろな要因があり、介入もあるので、その通りになるとは限りませんが、計算上は、米金利が0.25%下がると、1ドル当たり2~3円の円高のインパクトがあるとされています」(金融ジャーナリストの小林佳樹氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る