横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

公開日: 更新日:

「仁義なき戦い」に全面突入するのは避けられない。横浜市は22日、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致に乗り出すと正式に発表した。山下公園に隣接する横浜港・山下ふ頭を候補地とし、2020年代後半の開業を目指すという。IR誘致に名乗りを上げたのは、大阪府・市、和歌山、長崎両県に続いて4カ所目で、政府は9月にも選定基準を盛り込んだ基本方針案を公表。早ければ来年中にも開業地が決まる見通しだ。

■“ハマのドン”も激怒必至

 市によると、開業すればIR施設には年間2000万~4000万人が訪れ、法人市民税や固定資産税、入場料収入などで年間820億~1200億円の増収が期待できるという。

 林文子市長は、22日の会見で「飛躍するにはIRが必要だと判断した」と説明したが、これまで「白紙の状態」としていた態度から一転して誘致に舵を切っただけに、反対派住民らの猛反発を食らうのは間違いない。とりわけ、「俺を殺すか、どこか拉致するか、俺が死ぬか、それしかない。俺が生きているうちはダメ」と誘致に反対してきた“ハマのドン”こと、横浜港運協会会長の藤木幸夫氏は怒り心頭だろうが、藤木会長以上に激怒しているのは地元ヤクザだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  4. 4

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    負けず嫌いが演技の原動力 広瀬すずは生来の「体育会系」

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る