11時間会見で逃げ切り 韓国“タマネギ男”のしたたか戦略

公開日: 更新日:

 吉本超えのロングラン会見だった。韓国の文在寅大統領の側近で法相候補に指名された曺国前民情首席秘書官が2日、国会で記者会見を開いた。予定されていた聴聞会の開催が見送られ、自ら「国民に説明したい」とセッティングした。

 娘の不正入学疑惑など次々と身内の疑惑が飛び出す“タマネギ男”は、事前に「どんな質問も避けず忠実に答えます。時間制限もありません。徹夜してでも十分に説明します」と宣言した通り、午後3時半開始の会見は4度の休憩を挟み、終わったのは日付をまたいだ午前2時15分すぎ。計11時間近くに及ぶ前代未聞の“マラソン会見”となった。ネットの生中継で会見を視聴した国際ジャーナリストの太刀川正樹氏は言う。

「あらゆる疑問に一つ一つ真摯に答え、文政権に批判的なメディアにも徹底的に質問させた。新聞、テレビはもちろん、ネット媒体やフリーの記者も参加させ、最初の休憩を挟んだ午後6時からの会見では、まだ質問していない記者を優先させる徹底ぶりで安倍首相の会見とは大違い。カメラの前で一世一代の大勝負に出て、記者の背後にいる国民に語りかけるような堂々とした態度でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る