踏切の自動車衝突事故は60歳以上が半数 国交省が分析

公開日: 更新日:

 2015年度までの5年間に踏切内で列車が自動車と衝突した事故633件を国土交通省が分析したところ、60歳以上の人が車を運転していたケースが約半数の48・3%に上っていたことが分かった。

 京急線踏切で列車が、トラックと衝突、脱線した事故でも、踏切内で立ち往生していたトラックは67歳の男性が運転していた。国交省は分析結果について、「一般論で言えば、高齢になるほど判断力が落ちる。高齢者が運転する車による事故の多さは統計からも出ている」として、踏切内の保安設備設置が対策として重要と指摘している。

 同省の資料によると、633件のうち、60~79歳が自動車を運転していたケースは250件で、80歳以上は56件だった。

 遮断機と警報機がある踏切での自動車との衝突事故を原因別に分析したところ、最も多かったのは「停滞」。自動車が踏切から出る前に遮断機が下りたり、前方の道路の渋滞などで踏切内にとどまってしまったりすることを指す言葉で、立ち往生も含まれる。

 運転者が60歳以上でも未満でも、事故原因の最多は停滞だった。ただ、60歳以上では停滞が41・7%に上り、60歳未満の33・7%より割合が高かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る