踏切の自動車衝突事故は60歳以上が半数 国交省が分析

公開日: 更新日:

 2015年度までの5年間に踏切内で列車が自動車と衝突した事故633件を国土交通省が分析したところ、60歳以上の人が車を運転していたケースが約半数の48・3%に上っていたことが分かった。

 京急線踏切で列車が、トラックと衝突、脱線した事故でも、踏切内で立ち往生していたトラックは67歳の男性が運転していた。国交省は分析結果について、「一般論で言えば、高齢になるほど判断力が落ちる。高齢者が運転する車による事故の多さは統計からも出ている」として、踏切内の保安設備設置が対策として重要と指摘している。

 同省の資料によると、633件のうち、60~79歳が自動車を運転していたケースは250件で、80歳以上は56件だった。

 遮断機と警報機がある踏切での自動車との衝突事故を原因別に分析したところ、最も多かったのは「停滞」。自動車が踏切から出る前に遮断機が下りたり、前方の道路の渋滞などで踏切内にとどまってしまったりすることを指す言葉で、立ち往生も含まれる。

 運転者が60歳以上でも未満でも、事故原因の最多は停滞だった。ただ、60歳以上では停滞が41・7%に上り、60歳未満の33・7%より割合が高かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る