九州大雨で…避難場所の病院「冠水」の必然を専門家が解説

公開日: 更新日:

 九州北部を襲った記録的な大雨は、避難者が6県、1900人を超え、死者3人を出す大災害となった。大雨で冠水し孤立状態になった佐賀県大町町の「順天堂病院」には、200人以上が取り残された。自衛隊や町がボートなどで懸命の救助活動を行った。

 順天堂病院は、地区の避難場所に指定されていた。このため、患者やスタッフに加えて、病院に自主避難した住民らも取り残されることになった。

 それにしても疑問なのは、六角川のすぐそばにある順天堂病院が避難場所に指定されていたことだ。大雨による冠水は想定できたはずなのに、どうして避難場所になっていたのか。

■専門家「ハザードマップは怪しい」

 立命館大環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る