九州大雨で…避難場所の病院「冠水」の必然を専門家が解説

公開日: 更新日:

 九州北部を襲った記録的な大雨は、避難者が6県、1900人を超え、死者3人を出す大災害となった。大雨で冠水し孤立状態になった佐賀県大町町の「順天堂病院」には、200人以上が取り残された。自衛隊や町がボートなどで懸命の救助活動を行った。

 順天堂病院は、地区の避難場所に指定されていた。このため、患者やスタッフに加えて、病院に自主避難した住民らも取り残されることになった。

 それにしても疑問なのは、六角川のすぐそばにある順天堂病院が避難場所に指定されていたことだ。大雨による冠水は想定できたはずなのに、どうして避難場所になっていたのか。

■専門家「ハザードマップは怪しい」

 立命館大環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  2. 2

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  3. 3

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  10. 10

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る