立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

沖縄の政治家は保守も革新も瀬長亀次郎の残像を残している

公開日: 更新日:

 夕暮れ時、大阪・大正区の広場で集まった人々の視線を浴びる男性。ギターを弾き、熱唱する。

「And darling,darling,stand by me……」

 よく通る声がほろ酔い気分の観衆の耳に心地よく響く。

「凄い! 知事とは思えない!」

 隣にいた若い女性のグループが興奮して話していた。そう。人々の驚きの視線を浴びるこの男性は知事だ。沖縄県の玉城デニー知事(59)。歌唱力に動揺していた人々も、1曲終わる頃にはアンコールの大合唱。結局、知事は2曲歌って壇上から降りた。

 9月8日、玉城知事は大阪を訪れて沖縄の現状を訴えた。1時間、メモひとつ見ずに集まった大阪市民ら300人に語り掛けた。政府と対峙する基地問題について、自分の言葉だけで語り続ける姿も珍しいのだが、更に驚かされたのがその後の熱唱だった。講演会場近くで行われていたエイサー祭りに参加して披露した。そうした知事の姿に斬新さを感じつつ、その昔過ごした沖縄に思いを馳せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る