立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

和歌山大学で「知の巨人」南方熊楠の再来に会ってきた

公開日: 更新日:

 和歌山の知の巨人と言えば南方熊楠だろう。名誉や肩書など求めず、ひたすら生物学に没頭した異才だ。その地に、新たな知の巨人がいると聞いて和歌山大学へ向かった。

 パソコン機器が並ぶ大部屋。そこで学生20人余りが5つのグループに分かれてパソコンに向かっている。学生らは仮想会社のネット担当。問題が伝えられる。会社のホームページが見られなくなっているという。何が問題なのか? 外部からの侵入か? 学生らはパソコンを操作して、原因を究明する。ネットワークの危機管理担当の役だ。

■授業で実際のアノニマスのハッキング攻撃を再現

 各チームを回ってアドバイスを与えている白髪の男性。それが私が和歌山に来た目的、川橋裕(49)だ。スポーツウエア姿で学生の作業を見守る。そして時折、指示を与える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る