立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職し、17年からフリーランスとして活動。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。ニコニコ動画でも「ファクトチェック・ニッポン」の配信を開始。

和歌山大学で「知の巨人」南方熊楠の再来に会ってきた

公開日: 更新日:

 和歌山の知の巨人と言えば南方熊楠だろう。名誉や肩書など求めず、ひたすら生物学に没頭した異才だ。その地に、新たな知の巨人がいると聞いて和歌山大学へ向かった。

 パソコン機器が並ぶ大部屋。そこで学生20人余りが5つのグループに分かれてパソコンに向かっている。学生らは仮想会社のネット担当。問題が伝えられる。会社のホームページが見られなくなっているという。何が問題なのか? 外部からの侵入か? 学生らはパソコンを操作して、原因を究明する。ネットワークの危機管理担当の役だ。

■授業で実際のアノニマスのハッキング攻撃を再現

 各チームを回ってアドバイスを与えている白髪の男性。それが私が和歌山に来た目的、川橋裕(49)だ。スポーツウエア姿で学生の作業を見守る。そして時折、指示を与える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る