サウジ油田攻撃で原油高 日本経済は消費増税でWパンチ

公開日: 更新日:

 中東がきな臭くなってきた。14日にサウジアラビアの石油施設が無人機の攻撃を受け、世界の原油日量生産の約5%に当たる570万バレルの生産が停止。イランと小競り合いを続けているイエメンの武装組織フーシ派が犯行声明を出したにもかかわらず、米国のポンペオ国務長官はイランの仕業と断定した。

 トランプ大統領も「われわれは犯人を知っており、検証次第で臨戦態勢を取る」とイランへの武力攻撃をちらつかせている。

 そうした中、原油価格の代表的指標であるWTI(米国産標準油種)先物相場は13日まで4日続落していたのに、16日は1バレル=62・90ドルと前週末終値から15%近くも上昇し、約4カ月ぶりの高値をつけた。

「トランプ氏は中東不安をあおることで米国の存在感を高め、周辺国に武器を買わせ、大統領選に向けて国内の人気を高める狙いなのでしょう」と経済評論家の斎藤満氏はこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る