トランプ大統領またFRBに圧力…「マイナス金利」導入要求

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領がまたFRB(連邦準備制度理事会)に圧力だ。11日、「金利をゼロかそれ以下に引き下げるべきだ」とツイッターに投稿。ついにマイナス金利政策の導入まで要求し始めた。

 トランプは、低金利にすれば債務の利払い費を大幅に抑えられるとの持論を展開し、米国は常に最も低い金利であるべきだと主張。日銀やECB(欧州中央銀行)など利下げに踏み切る国が相次ぐ中、「各国がしていることをしないのはパウエル(議長)とFRBの愚かさゆえだ」と不満をぶちまけた。

 トランプは、17、18両日の金融政策会合直前に再び利下げへ口先介入に踏み切った形。市場は利下げを予想しているが、先行きを含めてゼロ金利やマイナス金利までの大幅な引き下げはほとんど見込んでいない。独立性が求められるFRBにトランプが圧力をかけ続けていることには懸念や批判も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る