トウモロコシ相場急落で浮き彫り 安倍&トランプ約束のツケ

公開日: 更新日:

 高い買い物となりそうだ。安倍首相がトランプ米大統領と約束した米国産の飼料用トウモロコシの購入である。

 政府は250万トンのトウモロコシを「害虫被害への対策」として米国から前倒しで輸入すると説明しているが、ここへ来てトウモロコシの国際相場が急落しているのだ。

 米中貿易摩擦の影響で、米国内のトウモロコシの在庫は豊富。加えてブラジルでは、昨年から今年にかけて生産されたトウモロコシが豊作だ。

 さらに、ブラジル国内の利下げで対ドルの通貨レアル相場が下落、輸出を後押ししている。その結果、トウモロコシの国際相場は6月から2割下落した。

 飼料用トウモロコシのほぼ100%を輸入に頼る日本にとって良いニュースかと思いきや、米国産はブラジル産より1トン当たり10ドル高い。要するに、トウモロコシの相場が下がっているにもかかわらず、日本は割高な米国産を購入せざるを得ないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る