「電波停止」言及 高市早苗の再入閣はメディアへの牽制か

公開日: 更新日:

総務相・高市早苗氏(奈良2区・当選8回・58歳)

「なぜ再入閣?」と多くの永田町関係者が首をかしげている。高市氏は2014年9月から17年8月まで、約3年間も総務相を務め、在職日数は歴代1位。在職中に「トンデモ発言」が物議を醸した問題大臣だった。

 16年2月、テレビが政治的公平性を欠く放送を繰り返した場合、放送法4条違反を理由に「電波停止」を命じる可能性に国会で言及。「放送事業者への威嚇」と大バッシングを浴びた。

 本人は17日、朝日新聞などの取材に「過去に電波を止めるといった発言をしたことはない」と断言。「現職大臣として、(電波停止を含む)電波法は100%適用されることは未来永劫ないという答弁ができなかった」と説明したが、いかにも苦しい。

「今回の改造は明確な『改憲シフト』。メディアへの介入も辞さない態度の高市氏を起用したのは、改憲の国会発議や国民投票を念頭に、意に沿わない報道機関を牽制する意図があるのではないか。また、注目を集める『NHKから国民を守る党』と対峙させるつもりとの見方もあります」(メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る