現地ルポ “関電王国”福井・高浜町を覆う不気味すぎる静寂

公開日: 更新日:

 関電問題がきっかけで注目が集まる福井・高浜町。多くの報道陣が殺到しており、平日にもかかわらず町内の旅館は軒並み満室になるほどだった。ところが、世間やメディアの大騒ぎとは裏腹に、小さな町は箝口令が敷かれたかのように、不気味な静けさに包まれていた。関係者の大半が「貝になった」ように口をつぐむのだ。

「何で説明しないといけないんですかねぇ」――。町の元助役・森山栄治氏との関係を問う日刊ゲンダイ記者の電話取材に、うんざりした様子でこう言ったのは、地元の建設会社「吉田開発」の担当者だ。「電話であーだこーだ話せない」とのことだったので、記者は町の幹線道路である国道27号に面する同社を訪問。すると、受付の女性が「担当者は帰りました」と一言。いつ戻るかも不明と逃げの一手だった。

 同じく、27号に面する警備会社「オーイング」にも訪問した。同社取締役には森山氏が名を連ねる。2007年に約5億円だった売り上げは、18年に51億円に10倍増した経緯もある。森山氏について聞いたが、対応した女性社員は「お答えできる準備が整っていない」と押し黙った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る