異質な研究が4兆円市場に…“遊び化成”吉野氏の直感と孤独

公開日: 更新日:

 企業人として、研究が需要とどうつながるかを常に意識していた吉野氏は、流行語に秘められた充電池の小型軽量化という「時代のニーズ」を見逃さなかった。とはいえ、旭化成の主力商品は繊維とプラスチック。電池は社内で異質なテーマだった。吉野氏は昨年のインタビューで、「役に立つのか分からない基礎研究は孤独感との闘いだった」と語っている。

 紆余曲折を経て商品化にこぎ着けたのは91年。受賞会見で吉野氏は「約3年間、全く売れない時期があった」と笑いを誘ったが、ウィンドウズ95の発売以降、リチウムイオン電池は爆発的に普及。今や世界の市場規模は4兆円を超え、開発当時の予測の200倍を上回る。

 工学博士(化学)の秋元格氏が言う。

「80、90年代の日本企業は裕福で、基礎研究への予算も惜しみませんでした。特に旭化成は“遊び化成”と社員が自称するほど自由に研究でき、ユニークな繊維素材を生み出していた。ただ、長引く不況で企業も目先の利益に走り、基礎研究はなおざり。政府もサポートしませんが、吉野氏は基礎研究こそ日本のモノ作りの原点だと証明してくれました。そろそろ発想を転換すべきです」

 バブルの頃は良かった――。日本の将来を考えれば、そう懐かしんでいる場合ではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る