新潟大学はなぜ評価される?志願者増やす地方国立大に注目

公開日: 更新日:

 少子高齢化で18歳人口は激減し、1992年のピーク(205万人)から2016年には116万人まで落ち込んだ。その影響で全国の大学の多くが経営危機にひんしている。そんな中、地方国立大だけは人気が上がっているという。

 その一つが広島大学。原爆の被災地であることから平和教育に力を入れており、世界的に知名度が高い。実際、外国からも優秀な学生を受け入れている。「THE 世界の大学ランキング」でも現在12位だ。

「『地方国立大学』の時代」(中公新書ラクレ)の著者で、教育ジャーナリストの木村誠氏は言う。

「少子化と景気の悪化で国立大は志願者を増やしています。地方創生が叫ばれていることもあり、教育委員会のスタンスも変わってきました。高校への評価として、たとえば早慶に行かせるより、地元の国立大に進学させる方が実績になるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る