小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著)

表現の自由と真の民主主義を理解しない「嫌『反日』」論者

公開日: 更新日:

 愛知の「表現の不自由展」を巡っては、「『反日』表現を自費で行うのは自由だが、それを公費で行う自由はないはずだ」という怒声が全国で発せられ、それが多数の共感を得ていることも実感させられた。

 しかし、それこそ表現の自由に対する無理解であり、それに多数派がためらいを感じていない状況が不気味である。大日本帝国末期の「『非国民』は赦さない」の空気に似てきたようで、心配である。

 人間は皆、DNAが異なる以上、本来的に個性的な存在である。その人間たちが共同生活している場が国家で、そこでは、誰にも等しく表現の自由が保障されているから、公平に利害が調整されることになる。これは民主政治の不可欠な前提で、多数派、少数派にかかわらず等しく表現の自由が確保されていない国で真に民主主義は機能しない。

 かつて、自衛隊の海外派兵を認める法律の合憲性について国民的大論争が展開されていた時に、私は大変不快な体験をした。私を招いてその法案に反対する集会が予定されたが、一度は公民館の使用を許可した市役所が、「そのような『一方的な政治主張』に公の会場は使わせない」と言い出したのである。他市や大学でもそのようなことが頻発した。かつてはなかったことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  8. 8

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る