小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著)

芸術祭中止の機会に再考したい「表現の自由」の本質と原則

公開日: 更新日:

 憲法21条(表現の自由の保障と検閲の禁止)は、人間社会の中に当然に存在する多様な意見の自由な流通と衝突を経て、そこから、あらゆる問題に関して国民の理解を深め、個人としても集団としても正しい判断ができる社会状況を維持するためにある。

 そういう意味で、公権力も放送メディアも、それが権利乱用(つまり明白な嘘)である場合、または明らかに公益に反する場合(つまり名誉毀損や犯罪教唆)の他は、表現の自由を尊重しなければならない。

 だから、公のイベントであれ、公の施設であれ、放送メディアであれ、本来的に公共性のある場では、対立のある論点について表現することを希望して来た者には公平に「先着順」に機会が与えられるべきである。

 それに対して、公のイベントの主催者や公民館の管理者や放送の編成担当者が、例えば「その表現は『反日的』で気に食わない」という理由で「特定の」表現行為を事前に排除するとしたら、それは典型的な検閲で憲法違反である。もちろん、それが事後であっても、表現の中止、あるいはその後の排除を招くものは、検閲の一種として違憲であることに変わりはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る