新共通テスト中止を…高2生が文科省に4万2000人の署名提出

公開日: 更新日:

 2020年度に始まる大学入学共通テストの国語と数学に導入される記述式問題をめぐり、「大学入学共通テストから学生を守る会」の現役高校2年生4人が6日、文部科学省を訪れ、同年度の実施中止を求める約4万2000人の署名を錦泰司大学入試室長に提出した。署名では、記述式問題について「採点の質が担保できない」などと不安を訴えている。

 東京都内の男子高校生(17)は提出後、記者団に「記述式は採点にムラが出て、自己採点も難しい。受験生の人生を左右しかねない問題が山積しているにもかかわらず、解決される兆しがない」と批判。錦室長は「さまざまな懸念や不安があるのは把握している」と述べ、大学入試センターなどと協議していく考えを示したという。

 記述式問題は採点が複雑で、アルバイトの学生も含め1万人程度の採点者が必要。教育現場や専門家からも「採点者によって得点が大きく異なり、不公平が生じる」などと導入延期を求める声が相次いでいる。

 共通テストで英語民間試験の導入が見送られたことについて、男子高校生は「賛同するが、なぜこのタイミングになったのか」と、文科省の遅すぎる対応を批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る