7割が不安…大学入学共通テストは学力を正確に測れるのか

公開日: 更新日:

 2020年度(21年1月)から実施される「大学入学共通テスト(共通テスト)」を巡って混乱が起きている。

 英語で導入される民間試験参加が認められていたTOEICが2日に辞退を発表。また、12日には、大学入試センターが数学で検討していた記述問題の導入を初年度は見送る方針を決めたことが明らかになったからだ。

 そもそも共通テストとは大学入試センター試験に代わる制度で、数学と国語ではマークシート式に加え、記述式も導入される。また、英語の試験は「読む」「聴く」「話す」「書く」の4技能を評価するために、民間検定試験を利用する仕組みだ。

 しかし、現場以上に動揺を隠せないのは実際に試験を受ける受験生。通信教育・Z会の入試情報サイト「ミライ研究室」が5月にZ会員の高校生267人を対象に「大学入試の変化は不安か」を調査したところ、「とても不安」が21・3%、「どちらかというと不安」は45.2%と合わせて約7割の生徒が不安に思っていることが分かった。理由としては、「どんな対策をすれば対応できるのか分からない」「情報が少なく、どう変わるのか想像がつかない」「『思考力』『判断力』『表現力』に自信がない」といった具合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る