共通テスト記述式に進学校も懐疑的「廃止が望ましい」7割

公開日: 更新日:

 大学入試センター試験に代わり2020年度に始まる大学入学共通テストの国語・数学の記述式問題について、難関大への合格実績がある高校の約7割が「廃止が望ましい」と考えていることが分かった。22日の毎日新聞が報じた。

 大学通信、駿台予備学校、毎日新聞社が9~10月に高校2368校と762大学を対象に実施した共同アンケートによると、国語・数学の記述式問題そのものについて、回答した高校の67・2%が「廃止が望ましい」とした。

 一方、大学入試センターが17、18年に実施した共通テストのプレテストの記述式問題の評価を聞いたところ、「あまり評価できない」「評価できない」が計75・9%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る