文科相が厳重抗議 ベネッセが共通テスト採点を営業に利用

公開日: 更新日:

 ベネッセコーポレーションによる「共通テスト」の営業利用が明らかになった。

 来年度から始まる大学入学共通テストの記述式問題では、ベネッセの関連会社「学力評価研究機構」が採点を請け負っている。

 ベネッセは2017年度に実施された共通テストの試行調査でも採点基準の作成などの助言事業を受注。17年9月に高校関係者向けに開いた会合の配布資料でその事実を示し、自社の「進研模試」が「入試改革に対応した出題」であることなどをうたっていた。20日の衆院文科委員会の城井崇議員(国民民主党)の質問で明らかになった。

 萩生田文科相は、「採点業務の中立性、信頼性に疑念を招く」として、ベネッセに厳重抗議し、是正を促すとしたが、ベネッセとズブズブの関係の文科省なのに、どの口で言うのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る