「桜を見る会」疑惑に新証拠 安倍選挙区支部が旅費支出か

公開日: 更新日:

「安倍事務所や安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」――安倍首相主催の「桜を見る会」疑惑をめぐり、安倍首相はこう説明してきたが、これが虚偽だったことが分かった。28日発売の週刊文春が報じた。

 同誌によると、安倍首相が代表を務める「自由民主党山口県第4選挙区支部」の2015年の政治資金収支報告書には、地元の旅行代理店が発行した領収書が添付されており、領収書には<¥890710 但し2015/04/17~2015/04/18 旅費として>との記載があるという。この日付は、15年の桜を見る会や前夜祭が行われた日付と符合する。

 同誌は「ツアー参加者の“おもてなし”のために地元事務所のスタッフがこぞって上京している。(約89万円の支出は)秘書やスタッフの旅費の可能性が極めて高い」と指摘。そうであれば、ツアーや前夜祭はれっきとした安倍首相の政治活動であり、収支報告書にその記載がないのは、ますますおかしいとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る