室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

萩生田さんの意図的な失言だと? 毎回の鉄板芸風ですね

公開日: 更新日:

「今回の件、萩生田さんの、意図的な『失言』だったのではないか。」(花田紀凱・月刊Hanada編集長)

 これは11月3日のヤフーニュースに上げられた花田氏のコラムの、最後の一言。

 コラムの中に書かれている萩生田さんとは、萩生田文部科学相。で、問題発言は、大学入学共通テストに導入される英語の民間検定試験についてテレビに出てキャスターの人から不公平な制度であると突っ込まれ、

「身の丈に合わせて勝負していただければ」

 とつい発言してしまったやつ。これをマスコミが取り上げ大問題になったことから、民間検定試験は、来年度からじゃなく24年度に延期されることになった。

 このことについて、花田氏はいう。
『この英語入試改革に問題が多いことはとっくにわかっていた。(中略)今、新聞や野党が問題にしていることはほとんどその記事(過去の)に書いてある。新聞や野党が日頃、いかに問題意識がないかがよくわかるではないか。』

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  9. 9

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る