室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

萩生田さんの意図的な失言だと? 毎回の鉄板芸風ですね

公開日: 更新日:

「今回の件、萩生田さんの、意図的な『失言』だったのではないか。」(花田紀凱・月刊Hanada編集長)

 これは11月3日のヤフーニュースに上げられた花田氏のコラムの、最後の一言。

 コラムの中に書かれている萩生田さんとは、萩生田文部科学相。で、問題発言は、大学入学共通テストに導入される英語の民間検定試験についてテレビに出てキャスターの人から不公平な制度であると突っ込まれ、

「身の丈に合わせて勝負していただければ」

 とつい発言してしまったやつ。これをマスコミが取り上げ大問題になったことから、民間検定試験は、来年度からじゃなく24年度に延期されることになった。

 このことについて、花田氏はいう。
『この英語入試改革に問題が多いことはとっくにわかっていた。(中略)今、新聞や野党が問題にしていることはほとんどその記事(過去の)に書いてある。新聞や野党が日頃、いかに問題意識がないかがよくわかるではないか。』

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る