鈴木智彦
著者のコラム一覧
鈴木智彦カメラマン・ライター

1966(昭和41)年生まれ。カメラマン兼ライター。暴力団系の取材経験が豊富。主な著書に「サカナとヤクザ~暴力団の巨大資金源『密漁ビジネス』を追う~」(小学館)、「昭和のヤバいヤクザ (講談社+α文庫)」(講談社+α文庫)など。

殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

公開日: 更新日:

 利益をめぐって抗争に発展したのであれば、いくら山口組が突出した規模の巨大暴力団だったとしても仲裁者が現れる。しかし、山口組の分裂抗争は同門同士の覇権争いで、お家騒動である。外部が口を出せば内政干渉となるし、金銭的解決も望めない。同門同士が徹底的に殺し合うか? それとも和解するか? になるが、原則、行くところまで行くしかない。

 事実、6代目山口組は高山若頭の社会復帰を契機に、行動によって徹底抗戦を宣言した。

 6代目山口組は神戸山口組を処分者、謀反人と呼び、「ヤクザと認めない」と公言している。和解に応じれば、憎き裏切り者の存在を認めることになり、事実上、神戸山口組が得をする。

 6代目山口組にとっての落としどころは神戸山口組の解散のみである。もし、神戸山口組のトップをはじめ、主立った幹部が引退し、山口組に組員を帰せば、山口組は即座に全面的に停戦し、引退した親分たちの命の保証をするかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る