鈴木智彦
著者のコラム一覧
鈴木智彦カメラマン・ライター

1966(昭和41)年生まれ。カメラマン兼ライター。暴力団系の取材経験が豊富。主な著書に「サカナとヤクザ~暴力団の巨大資金源『密漁ビジネス』を追う~」(小学館)、「昭和のヤバいヤクザ (講談社+α文庫)」(講談社+α文庫)など。

殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

公開日: 更新日:

 利益をめぐって抗争に発展したのであれば、いくら山口組が突出した規模の巨大暴力団だったとしても仲裁者が現れる。しかし、山口組の分裂抗争は同門同士の覇権争いで、お家騒動である。外部が口を出せば内政干渉となるし、金銭的解決も望めない。同門同士が徹底的に殺し合うか? それとも和解するか? になるが、原則、行くところまで行くしかない。

 事実、6代目山口組は高山若頭の社会復帰を契機に、行動によって徹底抗戦を宣言した。

 6代目山口組は神戸山口組を処分者、謀反人と呼び、「ヤクザと認めない」と公言している。和解に応じれば、憎き裏切り者の存在を認めることになり、事実上、神戸山口組が得をする。

 6代目山口組にとっての落としどころは神戸山口組の解散のみである。もし、神戸山口組のトップをはじめ、主立った幹部が引退し、山口組に組員を帰せば、山口組は即座に全面的に停戦し、引退した親分たちの命の保証をするかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  10. 10

    3年近い拘置所生活 つかの間の保釈期間は女と遊びまくった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る