奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)がある。

ホルモン剤入り牛肉に米国の消費者もソッポを向き始めた

公開日: 更新日:

①米国産の安い牛肉には、肥育ホルモン剤が使われていて、健康の面で大いに問題がある。

②だから、EUは30年も前から米国牛肉の輸入を禁止している。

③それなのに、トランプと安倍政権の間で日米貿易交渉が決着し、来年から、さらに大量のホルモン剤入りの安い牛肉が日本に入ってくる。

 ――というのが先週の話だ。ここでちょっと補足しておくが、EUはなにも米国牛肉を全て禁輸しているわけではない。米国の反発を受け、その後、肥育ホルモン剤未使用の牛肉は輸入を再開し、輸入枠も拡大している。ただし、ホルモン剤に汚染された安い牛肉だけは、かたくなに輸入を禁止し続けているのだ。

 もう一つ、強調しておきたいことがある。日本の家畜には問題の肥育ホルモンは投与されていない。日本政府は一部について使用を許可しているが、実際には使われていない。なぜかというと、健康面に危険という認識が家畜業界にあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る