仏大統領 ゴーンの処遇めぐり安倍首相に何度も改善要請

公開日: 更新日:

「日本の勾留や取り調べ中の状況は満足できるものではないと思うと安倍(晋三)首相に何度も伝えた」――。

 フランスのマクロン大統領が15日、新年の記者会見でこう語り、レバノンへ逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告に関して、容疑者や被告としての権利保護の観点から、処遇の改善を繰り返し要求していたことを明らかにした。

 マクロンは「全てのフランス国民が、彼らの享受すべき公平さをもって扱われることを願う」と強調。一方でゴーン被告逃亡については「コメントすることはない」と述べるにとどめた。

 マクロンはゴーン被告や野党から「政府の対応が不十分だった」との指摘を受けており、今回の発言は批判を回避する狙いもあるとみられる。

【動画】日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る