新型肺炎拡大 武漢市長「患者は今後さらに1000人増える」

公開日: 更新日:

 中国を中心に感染が拡大している新型肺炎の死者は80人に達したが、被害はさらに急拡大することが確実だ。

 新型肺炎の発生のもとの湖北省武漢の周先旺市長が26日夜、記者会見し「武漢ではまだ2700人以上の患者が検査結果を待っており、患者数は近々さらに1000人前後増える」との見通しを明らかにした。患者は中国本土以外の13の国と地域も合わせて2000人超が確認されており、近く患者の数が3000人を超えるのは必至だ。

 一方、有力紙・中国新聞週刊は25日、武漢市で肺炎の流行が始まった昨年末、市当局が医療関係者に箝口令を敷いていたと報じた。医師らは病院を通じて「感染について許可なしに発言したりメディアの取材を受けてはならない」と指示されたという。

 また、感染拡大に歯止めがかからない状況を受け、中国政府は27日になって春節(旧正月)を挟んだ連休を2月2日まで3日間延長すると発表した。本来は24~30日だが、役所や会社の再開を遅らせ、感染機会を減らすのが目的とされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る