新型肺炎拡大 武漢市長「患者は今後さらに1000人増える」

公開日: 更新日:

 中国を中心に感染が拡大している新型肺炎の死者は80人に達したが、被害はさらに急拡大することが確実だ。

 新型肺炎の発生のもとの湖北省武漢の周先旺市長が26日夜、記者会見し「武漢ではまだ2700人以上の患者が検査結果を待っており、患者数は近々さらに1000人前後増える」との見通しを明らかにした。患者は中国本土以外の13の国と地域も合わせて2000人超が確認されており、近く患者の数が3000人を超えるのは必至だ。

 一方、有力紙・中国新聞週刊は25日、武漢市で肺炎の流行が始まった昨年末、市当局が医療関係者に箝口令を敷いていたと報じた。医師らは病院を通じて「感染について許可なしに発言したりメディアの取材を受けてはならない」と指示されたという。

 また、感染拡大に歯止めがかからない状況を受け、中国政府は27日になって春節(旧正月)を挟んだ連休を2月2日まで3日間延長すると発表した。本来は24~30日だが、役所や会社の再開を遅らせ、感染機会を減らすのが目的とされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に