武漢市“封鎖”失敗か 新型肺炎死者17人で否めない手遅れ感

公開日: 更新日:

 パンデミックの兆しか。日を追うごとに新たな感染者が確認されている新型コロナウイルスによる肺炎。発生源である中国・湖北省武漢市は23日、感染拡大を防ぐため市内の“封鎖”に乗り出したが、はたして封じ込めはうまくいくのか。もはや、手遅れ感は否めない状態だ。

■肺炎患者830人

 中国政府によると、24日午前0時(現地時間)までの国内の患者数は830人。死者も前日の17人から25人に増加した。国外の感染者はタイ、米国、台湾、韓国、日本、ベトナム、シンガポールで確認されている。

 23日は、60代の日本人男性が重い肺炎で武漢市内の病院に入院していることが判明。新型ウイルスが原因かどうかは調査中だという。

 感染拡大を防げなければ大流行すること必至である。武漢は空港や鉄道駅を封鎖。交通機関の運行を停止する事実上の「封鎖」に乗り出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る